敬老の日にオススメの花-4選

2017年8月31日

バラの花言葉

園芸や花束などで特に人気なのがバラの花です。昔から園芸栽培されている花で、バラの特徴としては美しいだけではなく香りが良いということが挙げられます。

花の女王とも呼ばれるほどで、様々な色や花びらの形や枚数など種類によって異なってきます。

花言葉は花色によって異なることも特徴と言えます。

赤いバラは「あなたを愛しています」「愛情」「美」「情熱」など愛情に関わる言葉が多く、プロポーズや男性が女性に贈る花の定番です。

白いバラは「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」などの意味合いがあり、そこ言葉から結婚式のブーケなどに使われます。

ピンクのバラは「しとやか」「上品」「感銘」などが挙げられます。可愛らしい色合いから、プレゼントなどにオススメの花といえます。

青いバラは「不可能」「奇跡」「神の祝福」「夢かなう」などです。自然界には存在しない色ですが、研究を重ねた結果青い色素を持つものが販売されています。

プラスの言葉が多い花言葉ですが色によってはマイナスなものもあります。

黄色いバラは「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」などがあるため、女性に贈るのは避けたほうが無難です。

様々な色があるため、贈る人やシュチュエーションにあったものを贈ることが大切です。